野菜不足を解消

美味しい青汁も発売されてる?野菜が嫌いな子供でも飲んでくれる?


子供は栄養バランスについて考えることは少なく、栄養よりも好き嫌いで食べ物を選り好みします。野菜嫌いの子供は非常に多く、特にニンジンやピーマンといった緑黄色野菜を嫌うものです。子供に野菜を食べてもらうには、ハンバーグに混ぜたりする方法が効果的ですが、それでも嫌がることは少なくありません。


そうした子供におすすめしたいのは、フルーツ風味の青汁なのです。本来、青汁は大人でも敬遠するほど美味しくないと言われていましたが、最近の青汁は格段に飲みやすくなっています。特にフルーツを配合したものは味がよく、子供が喜んで飲むほど美味しいのです。


日本人は昔から美味しくない食べ物にこそ栄養があると考えてきましたが、これにはまったく根拠がありません。美味しくても栄養価の高い食材は多く、今や青汁もそのひとつなのです。


フルーツ青汁は特にスッキリして飲みやすく、フルーツ由来の酵素も含まれています。子供の体内には十分な酵素が存在しますが、青汁からも摂取することでより生活習慣病の予防に役立ちます。食品は薬ではないので、過剰に食べ過ぎなければ多少多く摂っても問題ありません。


子供は口に合わないものは敬遠するので、親が子供にとって美味しいものを選んであげる必要があります。どんなに身体によくても、子供が食べてくれなければ意味がないでしょう。


青汁は水で溶かして飲むのが一般的ですが、牛乳やヨーグルトに溶かして飲む方もいます。最近の青汁は抹茶のように美味しいので、乳製品やアイスクリームとの相性も抜群なのです。洋風スープに溶かして飲んでも美味しいので、様々なアレンジができます。


粉末3gで30gの生野菜に相当するので、子供の野菜不足を解消するのに最適です。最近は乳酸菌を含んだタイプも流行しており、飲むとお腹がスッキリとします。便秘体質の子供には乳酸菌を含んだタイプを飲ませてあげましょう。主原料の大麦若葉、ケールともに食物繊維が豊富に含まれているので、お腹が弱いお子さんにも適しています。


フルーツ青汁について

 

青汁の効果

 

青汁の豆知識

 

野菜不足を解消