野菜不足を解消

現代人の野菜不足の話!老若男女に青汁はおすすめ?


青汁の原料は野菜なので、老若男女が安心して飲むことができるのです。原材料として多いのは大麦若葉とケールですが、それ以外では明日葉、クマザサなども見られます。昔は青汁と言えば大麦若葉とケールでしたが、最近は各社によって個性豊かな商品をラインナップしています。


青汁が普及した理由の一つに、現代人の野菜不足があるのです。今の日本人はアメリカ人と比べても野菜を食べていないと言われていますし、野菜の栄養価も昔より低くなっています。


昔は特に意識をしなくても野菜の栄養素をたっぷりと補給できましたが、今は350g以上の摂取が望ましいと言われています。毎日350gをコンスタントに摂るのは難しいですし、特に忙しい方ほど野菜を摂るのが困難です。手短に食事を済ませようと思えば、必然的に肉や魚がメインになってしまうでしょう。不足なく野菜を摂るというのは、自分が思っている以上に難しいのです。


そうした野菜不足を補うために登場したのが青汁であり、現在でも大麦若葉とケールが主原料となっています。ケールは大麦若葉よりも栄養価が高いですが、飲みやすさは抹茶風味に近い大麦若葉に軍配が上がります。ただ最近はケール青汁も美味しくなってきており、大麦若葉と変わらないほど飲みやすい商品もあるほどです。


野菜不足を自覚している方は、老若男女を問わずに青汁を飲むべきでしょう。食事のお供として飲んでもいいですし、お茶やジュースの代わりにしてもよいです。食卓に野菜があまり並んでいないと感じたときは、青汁で野菜補給をしていくといいでしょう。


粉末は携行に向いていますが、液体のほうが味はまろやかです。のどごしがよいのが特徴で、のどの渇きを潤すためにはいいでしょう。液体青汁は素材の栄養がそのまま生きており、野菜不足を一気に解消してくれます。


粉末タイプを美味しく飲むためには、シェイカーや空きペットボトルを利用するのがいいでしょう。コップに入れて溶かすよりも、味がまろやかになります。


フルーツ青汁について

 

青汁の効果

 

青汁の豆知識

 

野菜不足を解消