青汁の豆知識

ケールの青汁はまずい?青汁が苦手なら粒タイプという方法も


青汁にはケールに大麦若葉、明日葉などの栄養が凝縮されて入っています。スーパーではあまり見かけることのないケールですが、実は海外のスーパーでは普通に売られています。しかもスーパーフードといわれるくらい栄養豊富な野菜です。日本でも緑黄色野菜の王様といわれるくらいのとても豊富な栄養素が含まれています。


だから青汁に使われるのも納得できます。それに日本ではあまり見かけませんが、スーパーには必ずあるキャベツや芽キャベツ、大根やブロッコリーといったアブラナ科野菜と分類される野菜たちは、このケールがルーツで品種改良されて作られたという歴史があるのです。


ケールは生命力が強い野菜で、もちろん栄養価もとてもよいのですが、さらに青汁に使われる理由としては一年中を通してコンスタントに栽培することができるという特徴があるからです。一年中とることができるので毎日飲む青汁の原料としてとても便利な存在といえます。ケールには、食物繊維や抗酸化作用のあるビタミン類、カルシウムやβカロチン、ミネラルなど本当にたくさんのい栄養素が含まれています。


特に妊活には必須といわれている葉酸はとても豊富に含まれています。葉酸は厚生労働省でも摂取することを推奨されている栄養素で、血液をサラサラにしてくれる効果も期待できます。たんぱく質やカルシウムは骨を丈夫にするしてくれますし、βカロチンやビタミン類は活性酸素を減らす効果が期待できるのでアンチエイジングなど若返りにもやくにたちます。


このようにケール単体だけでも様々な栄養が豊富で健康効果が高いのです。海外ではスーパーに売っているくらいメジャーな野菜ですが日本ではあまり見かけない理由は、ケールは単体では少々苦くて食べづらいというものがあります。


また葉酸は熱に弱いので、青汁にして飲めばケールの豊富な栄養素を余すことなく摂取することができるのです。足りない栄養素の補給や便秘の改善、代謝のアップなどいろいろな効果が期待できます。


粒タイプの青汁



青汁は栄養価も高く健康に良いことも理解は出来るが、あの味がどうも苦手で毎日飲むときにゲンナリしてしまう方には、青汁サプリメントがオススメです。ドリンクとして飲む場合は、量も増え味も気になってしまいますが、錠剤であれば、さっと水に流しこんでしまえば完了です。


飲みたいときに青汁ドリンクだと、少し手間がかかりますが、青汁サプリなどの錠剤なら外出時でも、とりたいときに気軽に摂取できます。また、青汁ドリンクの場合は、水分を余分にとってしまう点があります。水分は生きていくために、もちろん必要ではありますが、とりすぎには少し注意が必要です。


漢方では、水毒という言葉があります。体の中に、余分な水分が排出されずに、滞っている状態によって、体調が悪くなることがあります。それによっておこる症状を水毒といいます。水分を取りすぎることで、身体を冷やしてしまうと新陳代謝がわるくなり、特に内臓を冷やしてしまうと、機能が低下してしまいます。その機能低下によって、胃腸を弱めてしまったり、水分が多いことで腎臓を傷めてしまう場合もあります。


なので、青汁ドリンクを飲んでいるのに調子が芳しくないという方にも、青汁サプリへ切り替えてみることはオススメです。普段の生活で、身体を冷やさないように気をつけながら、栄養をしっかり取ることは、容易ではありません。サラダはおいしく栄養がありますが、生野菜は身体を冷やすので、食べるときには量やバランスを考えていくことも大切になります。そんな時は、青汁サプリを上手に活用するのもありです。普段の食事の際に、少し野菜が足りないと感じたときに、青汁サプリで賢く補えるのは良いです。


青汁サプリは、様々な商品が出ています。味は気にならないけれど、何錠飲むかも注目したいところです。商品によっては、10錠以上飲む商品もあります。このことで苦痛に感じる場合は、少ない量で済むものが良いでしょう。サプリメントは補うためのものなので、普段の食事にも気を遣った上で、上手に活用していくことが大切です。


フルーツ青汁について

 

青汁の効果

 

青汁の豆知識

 

野菜不足を解消