青汁の豆知識

青汁を美味しく飲むには何と混ぜるのがオススメ?


青汁を飲むときには、最初には苦味が極端に強くなり、後から若干の甘味も感じられるのが特徴です。苦味を好む人もいますが、体が拒否するような風味は、何らかの工夫によって和らげることが人気です。


苦味を穏やかにするためには、乳製品を加えることが多く、牛乳を混ぜる場合があります。ところが、牛乳が苦手という人も少なくないですから、爽やかな酸味があるヨーグルトを加えて、青汁の美味しさを大幅に向上する方法も確立しています。


ヨーグルトを入れることによって、適度なコクも加わり、特有の苦味は軽減します。苦味が突出する青汁に複合的な要素が配合されて、一種のデザートとして使えるだけの美味しさが醸し出されるのですから、試してみる価値は十分にあります。


苦味を強い酸味で抑えたい場合には、トマトやパイナップルのジュースを加えて、美味しさを追求する場合があります。トマトにも独特な青臭みがありますが、完熟させたものを使うようにすれば、豊かな甘味が引き出されます。パイナップルは酸味が強いだけでなく、独特な芳香も加わることで、青汁の飲みやすさを大幅に高めることができます。


甘味を出したい場合には、砂糖を直接に入れるよりも、風味がまろやかなハチミツを入れることがおすすめです。ハチミツの甘味は、青汁の苦味に作用して、矯味の役割を果たしてくれます。子供に飲ませる場合には、ハチミツを一緒に加えることは特に理想的ですが、一緒にリンゴジュースを入れてコクを深めることもあります。


独特な青臭みを軽減するためには、煎りたてのゴマや大豆を粉にして、青汁に混ぜる方法も使えます。ゴマと黄な粉を入れると、極めて深いコクが生まれ、心から満足できる味わいに変化します。黄な粉と一緒に豆乳を混ぜれば、コクはさらに深くなり、上質な飲み物として利用できるようになります。穏やかな酸味を加えて、味わいを複雑にするためには、梅干しとハチミツを一緒に加える方法も使えます。


フルーツ青汁について

 

青汁の効果

 

青汁の豆知識

 

野菜不足を解消