青汁の豆知識

朝?夜?青汁を飲むのにオススメのタイミングは?


青汁は基本的に一日当たりの摂取量さえ守っていればいつ飲んでも構わないものなのですが、飲むタイミングによって多少効果が変わることはあります。


では青汁を飲むのに効果的な時間帯・タイミングとしてはいつなのかというと、これはケースバイケースです。


まず「青汁で栄養補給をしたい」ということであれば、これは朝起きてすぐに飲むべきでしょう。


人の体は睡眠中にかなりの水分とエネルギーを消耗しているため、朝起きてまず青汁を飲むというようにすると栄養素が効率よく体に吸収されていくことになります。冷たい飲み物だと少し体に負担をかけてしまいますから、少し冷ましたお湯で飲むか、水で飲むならばゆっくり飲むように心がけるとさらに効果的です。


次に「便秘解消のために飲みたい」ということだと、これは寝る前に飲むのがベストとなります。


青汁で便秘が解消されるということはよく知られていることですから便秘解消のために飲んでいるという人も多いのですが、この場合最も重視するべきなのは食物繊維の働きです。食物繊維は腸内の便を繋いで排出しやすくすると同時に腸の蠕動運動を盛んにする働きがあり、この機能を活用するには眠っている間に腸を掃除してもらうような感覚で飲むのがベストでしょう。


そして便秘解消と同じく女性に人気の高い効果である「便秘解消のために飲む」という場合ですが、これは食事の前に飲むのが一番です。食事前の空腹状態で青汁を飲むとそれだけで満腹中枢が刺激されるため食べ過ぎを控えることが出来るようになりますし、血糖値の上昇もある程度抑えることが出来ます。普段ついつい食べ過ぎてしまうというような人であれば食前に青汁を飲むことでダイエットを効率的にサポートしてくれるようになるでしょう。


このように青汁は求める効果によって飲むべきタイミングが大きく異なります。いつ飲んでも良い効果があるのは確かですがより高い効果を求めるのならばしっかりタイミングを考えて飲むようにしましょう。


フルーツ青汁について

 

青汁の効果

 

青汁の豆知識

 

野菜不足を解消